どんな良い事が?

ISO9001という言葉を耳にすることもあると思いますが、一体どのようなメリットが存在するものなのでしょうか。ISO9001の取得を検討されている方は、取得することによってどのようなメリットがあるのかという事をきちんとチェックしておきましょう。

ISO9001を取得するメリット

no.1

効率アップする

ISO9001を導入する際のメリットとして挙げられるのが、作業のフローを統一することによって全員の効率をアップさせることができるという事です。そのため、業務全体の時間短縮などを図ることが可能となるでしょう。

no.2

引継ぎがスムーズとなる

会社によっては人員の入れ替わりが激しいといった場合もあるでしょう。そのような時にISO9001を取得していることによって、新しい社員に仕事を伝えることもスムーズに行うことができるのです。

no.3

社内全体の見直しができる

ISO9001を取得することによって社内全体の規定などを考え直すこととなります。したがってこれまで生じていた無駄などを確認し改善していくことができると言え、社内全体の見直しを行うことが可能となるのです。

no.4

トラブルの解明が素早くなる

業務をするにあたり、トラブルが発生することは仕方のない事となります。そのため業務の効率化を行うためにはそのトラブルの原因をいち早く発見し、素早く対処することが必要となってます。ISO9001を取得することによって、トラブルの原因をより早く発見することができ、素早い対応が可能となるのです。

no.5

顧客への対応を早くする

顧客から問題を指摘されたような時であっても、顧客に対してきちんとした流れで対応し、不備のない対応を行うことで顧客からの満足度を上げることができるでしょう。ISO9001を取得することによってクレームへの対応も素早く、確実なものとすることができるのです。

ISOを取得するまでの流れ

取得する範囲の検討

まずはISOのどの範囲を取得するのかという事を検討しておく必要があります。計画をスタートしてから、取得範囲を変更すると二度手間となってしまうこともあります。したがって取得範囲は最初できちんと検討することが大切となります。

担当者を決める

ISOを取得するにはきちんと社内に浸透させていくことが出来るよう、中心となる担当者を決める必要がでてきます。そのためには、まずは担当者がISOに関する知識を深めていくことから始めましょう。

業務やフローを再検討する

現在行われている業務の内容・手順など今一度確認していきましょう。社内の文書管理方法などもきちんとチェックする必要があります。まずは現状を細かく把握していくことが大切となるのです。

マニュアルを作成する

管理に必要となる事項をピックアップし体制を改善させていくために、具体的となるマニュアルを作成していきましょう。マニュアルを作成する事によって、確実な改善を社内全体で行っていく事ができるのです。

運用・見直し

マニュアルを作成することができたら、実際に運用していきます。運用を始めると、マニュアルの問題点が見えてくることも多くあるでしょう。マニュアルの問題を一つ一つ確認しつつ、改善させるようにしましょう。そのようにして最善となるISOのシステムを作っていくのです。

[PR]

ISO22000を取得なら要チェック!
人気業者を厳選特集♪

ISOを取得したいなら要チェック!
コンサル会社を手軽に探そう

社内の危機管理をしてもらおう
さまざまなサービスを提供中

ISOとは?

オフィス

ISOとは何か?

ISOとは国際的な事業を行っていくうえで、その流れをスムーズにさせるために分かりやすい基準を作成していくという意味合いがあります。ISOは国内のみの事業であっても使用されるものとなっています。ISOには複数の種類があります。ISOを導入し、審査機関によって審査・認証されることによって、ISOの認証を取得するようなことが出来るのです。

ISO9001とは

ISO9001とは、社内における商品などの管理体制がきちんとなされているのかといった事の管理を行う仕組みとなっています。したがってISO9001を取得していることによって、品質管理が高いという事を証明することができるのです。

[PR]

広告募集中